2016年5月9日月曜日

SEL2470Zの得意を伸ばして苦手を補う構図 周辺光量落ちを利用したトンネル構図

意外と目立つSEL2470Zの周辺光量落ち
これを逆手に取る構図を考えました。

周辺光量落ちを利用したトンネル構図


α7II+SEL2470Z:70mm, F4, 1/1600, ISO100, 周辺光量補正OFF

周辺光量補正はOFFで撮影。

トンネル効果で中央の被写体に視線を誘導できます。
暗めにするとどことなくアンニュイな雰囲気も出せますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿