2017年6月14日水曜日

α7IIで使いたい明るくコンパクトな単焦点レンズ比較

夏が近づき夕方〜夜のイベントも増える季節になってきました。
明るい単焦点レンズが欲しくなりますね。

α7IIでスナップ撮影に使いたい、明るくてコンパクトなフルサイズ対応Eマウントレンズを比較してみます。

要件


  • コンパクト
  • F2以下
  • 単焦点
  • 標準域

比較


SEL28F20SEL50F18FSEL55F18Z
フルサイズ対応
焦点距離28mm50mm55mm
開放F値F2.0F1.8F1.8
モーターリニアモーターDCモーターリニアモーター
フォーカス駆動インターナル繰り出しインターナル
フィルタ径49mm49mm49mm
最大撮影倍率AF: 0.13倍
MF:0.16倍
0.14倍0.14倍
最短撮影距離AF: 0.29m
MF:0.25m
0.45m0.5m
手ブレ補正×××
防塵防滴に配慮した設計×
重量200g186g281g
価格50000円程度30000円程度87000円程度

いずれもフルサイズ対応、手振れ補正は付いていないません。

SEL28F20は扱いやすい画角のコストパフォーマンスが高いレンズ。
開放ではやや柔らかい描写ですが、少し絞るとシャープになり、意外と寄れるので広角ながら背景を大きくボカすことも可能です。
非常にコンパクトなのでα7IIに付けてスナップ撮影するには最適

SEL50F18Fはとにかく低価格で明るいレンズが欲しいというニーズを満たしてくれる一本。
DCモーター+繰り出しフォーカシングなのでAF駆動音が大きいのと、AF動作が遅い点は気になるところですが、写り自体は素直なので、コストパフォーマンスは高いと言えそうです。
非常に軽量なのも見逃せません。

SEL55F18Z神レンズと名高いEマウントを代表する名玉の一つ。
凄まじい解像度なめらかなボケ、そして55mmという絶妙な画角が気軽に撮ったスナップさえはっとするような写真に変えてしまいます。
最短撮影距離が長い、玉ボケが年輪状になるなど、若干クセはありますが、フルサイズのEマウント機を使用しているならいずれは手に入れたい一本です。

まとめ


予算が許すならSEL55F18Zは外せなさそうです。

とはいえ、コストパフォーマンスと日常使いを考えると気軽なSEL28F20も積極的に選びくなる一本ですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿