2016年12月2日金曜日

MacBook AirからProへ 5年の進化は?

MacBook Pro (Late 2016) 15インチを発注してそろそろ1ヶ月。
まだ配送の予定は不明ですが、Apple Storeの納期は2-3週間に改善しているのでそろそろでしょうか。

そわそわして来たので今使っているMacBook Air (Mid 2011) 13インチからどの程度性能が進化しているかまとめてみました。

MacBook Air (Mid 2011) 13インチMacBook Pro (Late 2016) 15インチ比較
世代Sandy BridgeSkylake4世代進化
CPUCore i5 / 1.7 GHzCore i7 / 2.6GHzx1.5
CPUコア数24x2
RAM4GB16GBx4
RAM接続DDR3 / 10.67GB/sLPDDR3 / 17.06GB/sx1.6
SSD128GB512GBx4
SSD接続SATA / 3GbpsPCIe3 x4 / 約32Gbpsx11
GPUHD Graphics 3000 / 130GFLOPSRadeon Pro 450 / 1TFLOPSx7.7
VRAM384MB2GBx5.3
画面解像度1440x9002880x1800x4
USBUSB 2.0 / 480MbpsUSB 3.1 Gen 2 / 10Gbpsx20.1
Thunderbolt10Gbps40Gbpsx4
FaceTime Camera640x4801280x720x3
Wi-Fi11n 300Mbps11ac 1300Mbpsx4.3
Bluetooth44.2速度x2.5、BTLE対応
バッテリー40Wh 7時間76Wh 10時間x1.4

コンピュータの進化が鈍化していると言われていますが、今では当たり前になっているUSB 3.1やBluetooth Low Energyなどは当時なく、コンピュータを取り巻く環境はこの5年間でかなり変貌しているというのが分かります。

個人的なところでは、MacとiPhoneの組み合わせでAirDropHandoff、ユニバーサルクリップボードがようやく使えるようになります。

AirとProの比較とは言え、スペックも軒並み向上していますね。

改めて到着が待ち遠しくなって来ました。。


0 件のコメント:

コメントを投稿