2017年10月21日土曜日

ベーシックなノート型Macを比較 2017

友人からMac買い替えの相談があったため最新のラインナップを比較してみました。

要件


  • ノート型
  • 内臓ストレージ256GB以上
  • 安い方が良い
  • 所有しているUSB機器を使いたい
  • デジカメの写真をSDカードで読み込みたい

10年前の機種からの買い替えということですが、たまに持ち運ぶ程度なのでサイズはあまり気にしない、事務用メインなのでディスプレイの綺麗さもあまり気にしないとのことです。

調査


MacBook AirMacBook
詳細https://www.apple.com/jp/macbook-air/https://www.apple.com/jp/macbook/
ディスプレイタイプ標準Retina
ディスプレイサイズ13インチ12インチ
ストレージ256GB256GB
重量1.35kg0.92kg
カラーバリエーションシルバーシルバー/スペースグレー/ローズゴールド/ゴールド
価格(税込)128304円154224円
DVDドライブ要 追加(3000円程度)要 追加(3000円程度)
Type-Cドック不要要 追加(6000円程度)
合計(税込)131304円163224円

要件を考慮するとノート型Macのエントリーモデルがちょうど良さそうです。

MacBook Airは言わばレガシーなMacノートの完成形
処理性能は必要十分、豊富なUSB Type-Aポートのおかげで所有しているUSBデバイスはそのまま活用でき、SDカードスロットまで内蔵されているため、すぐに乗り換えが可能です。

ベースの価格が安く変換アダプタ等も不要のため、コストパフォーマンスは抜群です。

MacBook5年後のスタンダードになり得るMac
極限までシンプルに削ぎ落としたデザインは4色のカラーバリエーションがあり、USB Type-CやRetinaディスプレイなど最新の装備が詰め込まれています。

新しい分、過去の資産を生かすには変換アダプタなどが必要になるため、出費は増えてしまいます。

結論


USBを始めとした移行期であるため難しい選択ではありますが、今回は予算を抑えたいということと、これまで使っていた周辺機器を流用したいという要件があったため、MacBook Airを購入することとなりました。

とはいえ、ミニマムなデザインと美しいディスプレイのMacBookもやはり魅力的ですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿