2016年11月23日水曜日

α7IIをVer.3.30にアップデート

先日公開されたα7IIのファームウェアアップデータを適用しました。

アップデート後のバージョンはVer.3.30です。



今回はアップデートには18分ほどかかりました。

変更内容は
  • ソフトウェアバージョン3.20における、撮影条件によっては、フラッシュ撮影した画像の端の光量が不足する症状を改善しました。

前回のアップデートの不具合修正のようです。


2 件のコメント:

  1. こんばんは。
    AFの具体的な使い分けなどα7Ⅱの購入を検討している身からして非常に見ていて楽しいブログをありがとうございます。
    このような場で恐縮ですが、このカメラの購入に踏み切れない理由にバッテリーの持ちがあります。用途としてはテーマパークでショーやパレードを撮影するのですが、バッテリーが1日に4本も5本も必要となると…と言った感じです。1日に大体3時間ほどで1000枚前後撮影するのですが、屋外ということもありバッテリーが心配でなりません。予備バッテリー1本とモバイルバッテリーで持つくらいならぜんぜん大丈夫です。
    そこまで心配しなくても大丈夫なものなのか、それとも他機種を検討したほうが良いほど持ちが悪いのか、主観で構いませんので教えていただけると幸いです。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます!

    バッテリは新品で付属してきたもの1個と、6年前に購入してそれなりにヘタっていると思われるもの2個、計3個を持ち出す事が多いです。

    バッテリ自体が小型軽量なので2つ予備として持ち運んでもあまり邪魔にはなりません。

    600枚くらい撮影してそのうち400枚くらいはAF-Cかつ連写、という事も多いですが、バッテリ交換は1回だけで、3本目のバッテリが必要になったことは過去一度もありませんでした。

    なんとなくバッテリ持ちに影響がある気がして「プリAF」という機能はオフにしていますか、特に不便も感じていません。

    昔使っていた機種(α350)はそれなりにボディも大きくバッテリ1個で1000枚以上撮れましたけど、バッテリ交換の手間よりもα7IIの小ささと画質が魅力で、個人的には予備バッテリを持ち運ぶトレードオフとしても十分割り切れています。

    あくまで個人的な感想ではありますが、参考にしてください。

    返信削除