2016年1月26日火曜日

長期利用を見越したiPhone 6s Plusと6 Plus比較

母親から、ガラケーからiPhone + 格安SIM運用に切り替えたい、という相談を受けました。

要件


  • 老眼なので画面の大きいiPhone 6s PlusかiPhone 6 Plus
  • 色はゴールドローズゴールド
  • 5年くらい機種変更したくない
  • 月々のランニングコストは安いほどよい
  • 本体の予算は6〜12万円
  • 新品、中古にこだわりはない
格安SIM運用ということなので、SIMフリーモデルだけでなく白ロムも候補になりそうです。

調査開始


長く使いたい、ということなのでまずは過去モデルを調べてみました。

  • iPhone 3GS:2009年6月発売、2012年9月販売終了、2013年9月提供のiOS 7は非サポート→4年3ヶ月
  • iPhone 4:2010年6月発売、2013年9月販売終了、2014年9月提供のiOS 8は非サポート→4年
  • iPhone 4S:2011年10月発売、2013年11月、2015年9月提供のiOS 9もサポート継続→4年3ヶ月〜

ざっくり最新のOSがサポートされ続けるのが発売から4年程度、というのがこれまでの傾向のようです。
ただ、4Sは現在もまだサポート中で少なくともiOS 10が提供されるまでは使えそうな見込み、スマホの性能向上もだんだんと頭打ちになりつつあるため、前機種のiPhone 6 Plusでも今から5年程度は使えそうと予想できます。

母親が電話とちょっとしたメッセージ送受信用に使うだけ、ということを考慮すると感圧タッチも必須ではないので、あとは値段が決め手となりそうです。

64GBモデルを比較した結果がこちら。

商品名iPhone 6s Plus 64GB SIMフリー (新品)iPhone 6 Plus 64GB SIMフリー (新品)docomo iPhone 6 Plus 64GB (中古)
カラーゴールド
ローズゴールド
シルバー
スペースブラック
シルバー
スペースブラック
ゴールド
シルバー
スペースブラック
価格(税込)119,664円106,704円63,000円程度〜

ローズゴールドはiPhone 6s Plusのみ、ゴールドのiPhone 6 Plusは新品では入手不能です。
中古(白ロム)のiPhone 6 Plusの安さが際立ち、ゴールドも選択可能となれば選ばない理由はなさそうです。

結論


現在の最有力候補はiPhone 6 Plusの中古で状態の良いものを探す、ということになりそうです。
ただ、iPhone 5se?など、新機種の噂が出始めているため、もうしばらく動向を見ながら考えていきます。

また、格安SIMの調査比較も行う予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿